両方の仕事を経験できる

デニーズのアルバイトはホールとキッチンに分けられていて、それぞれの仕事が分担されています。こういったシステムがあるのは多くのファミレスの現場に共通していますが、デニーズでは店長の裁量でその動きにも柔軟性が生じることがよくあるのが特徴です。限られたスタッフ数で現場を捌いていかなければならないことから、あまり人材が豊富でない店舗ではしばしばホール担当がキッチンに回ったり、キッチン担当がホールの仕事をしたりする場合も生じてきます。ファミレスの仕事は個々にはマニュアル化されていて大変ではなくとも、やるべき仕事が多いことから覚えなければならないことが多いのも事実です。それでいてこういった柔軟性が現場にあることで、ホール担当がキッチンの仕事を覚えたり、キッチン担当がホールの仕事をできるようになったりしなければならないということになります。そういった負担が大きいのがアルバイトの現場となっているのです。

しかし、多様な経験ができるという意味では重要視すべき点でしょう。現場での連携がうまく取れていれば、担当外の仕事は覚える必要はなく、その場で教わってやっていけば十分なことがほとんどです。そうやって自分の担当する仕事以外の経験を与えてもらえる機会があるという前向きな姿勢で働けると、デニーズでアルバイトをすることが楽しく思えてくるでしょう。キッチンとホールの両方の仕事を学ぶことができる場所として重宝する仕事先なのです。